お知らせ お知らせ

うらら病児保育園 2021.06.25

病児保育園の受け入れ態勢について

新型コロナウイルス感染症対策の為、病児保育の受け入れについて一時的に変更しております。
ネット予約確定後、診察により受け入れできないことがあります

受け入れ人数は最大6名ですが、年齢や状態により3~4名となる場合もあります。


他院かかりつけ:まずはかかりつけ医を受診。受診後に来院ください。
かかりつけ小児科医の診察とその結果によりますが, インフルエンザ,アデノウイルス,溶連菌,マイコプラズマ,ヒトメタニューモウイルス,RSウイルス,百日咳など 迅速検査により可能な範囲で診断してもらってください


新型コロナウイルス感染症が出ている保育園・幼稚園・小学校のお子様は
現在お預かりができなくなっております。

かぜ症状があったり、37.5度以上の発熱があり、必要と判断される場合にはCOVID-19抗原検査を実施することがあります。

【受け入れ可】
診察により新型コロナウイルス感染症の可能性が低いと判断される患児。
迅速検査等でアデノウイルス感染症や溶連菌感染症などの診断のついている患児。
検査は受けていないが,家族内で同じ症状で疾患(アデノウイルス感染症や溶連菌感染症など)の診断がついている患児。
発熱等の症状が軽快または治癒証明がでている患児(病後児)。
病児や病後児で解熱(37.5℃未満)が得られている患児。


【以下の疾患のお子さまは申し訳ありませんがお預かりができかねます】
・麻疹、風疹、結核
RSウイルス感染症(0歳~3歳児の肺炎リスクがあるため)
ノロウイルス感染症(特に下痢・嘔吐・経口摂取できない状態)
・基礎疾患(血液疾患、重症心疾患、重症腎疾患、膠原病、免疫抑制剤あり)
・39℃以上の発熱が続いている状態 ・その他医師により病児保育が適当でないと判断される状態(安定していない気管支喘息など)

 

黒田医院 2021.06.17

ファイザー製ワクチン(コミナティ)接種後の中和抗体測定

ファイザー製ワクチン(コミナティ)接種後の中和抗体測定について

2回目ワクチン接種して4週間(28日)以上経過している方は
中和抗体の抗体価を血液検査で測定することができます。
岡山医学検査センターへ外注してアボット製試薬で測定になります。

保険診療ではありませんので、自費検査になります。
費用は¥8,000税込み
となります。

中和抗体価の目安:4,160AU/ml以上
(1回目接種中央値 2,217AU/mL 2回目接種中央値 18,272AU/mL)

ウイルスに対する中和抗体の力価を定量する方法として中和試験があります。
培養細胞の感染を50%阻害することによる評価に基づくと、IgG抗体は95%信頼区間で4,160AU/mLと報告されています。

注)ヒトの体内でどれだけの抗体価があれば発症や重症化予防に十分であるかは明らかになっていません。

文献
ARCHITECT SARS-CoV-2 IgG II Quant Instructions for Use, H18566R01

Clinical evaluation of the Abbott Alinity SARS-CoV-2 spike-specific quantitative IgG and IgM assays in infected, recovered, and vaccinated groups(Feb19, 2021)

うらら病児保育園 2021.05.25

緊急事態宣言下での病児保育受け入れについて

『緊急事態宣言』が発令されていますが、可能な範囲で病児保育の運営を続けております。
しかしながら利用希望の方が多く「キャンセル待ち」の状態が続いており問い合わせの電話も増えている状況です。

うらら病児保育園の予約は『あずかるこちゃん』からお願いします。
お電話での予約や予約状況の説明はしておりません。

 
利用される前には今一度、ホームページ、予約システム『あずかるこちゃん』のご案内を必読していただくようお願いします。
 
また午睡中ですので、12:30~15:30の間のお問合せの電話は控えていただきますようご協力お願いします。
 
また、受け入れは予約状況によって調整し、順次『予約確定』を行っています。
受け入れの可否に関するお問い合わせはご遠慮ください。

黒田医院 2021.05.21

新型コロナウイルス感染症のお問い合わせと予約先(臨時)

予約システムのサーバーからの返信が遅れております、
直接E-MAILかLINEに友だち追加してご連絡ください。


予約フォームも20分から30分すると届きますが、お急ぎの方は以下に直接ご連絡ください。

ご連絡時に要件(検査理由や必要な検査等)と氏名をお願いします。

~お問い合わせ先~
電話でのお問い合わせや検査のご予約はしておりません。
当日に予約なしで直接ご来院の方の自費検査はお断りしております。
お問い合わせはE-MAILでご連絡ください。
検査のご予約は以下のURLにある予約フォームからご連絡下さい。


お問い合わせ
 E-MAIL: seisuukaikurodaclinic@gmail.com
 LINE  : @276ysvcp (黒田医院HPのQRコードからの登録可能)

黒田医院 2021.05.18

駐日大使館・総領事館指定検査機関リストに掲載(2021/3/29-)

2021年3月29日付で中国渡航の際の駐日大使館・総領事館指定検査機関リストに掲載されました
(駐大阪総領事府管轄地域ダブル検査機関)

中国渡航時はPCR検査とIgM抗体検査の両方が必要です(ダブル検査)。
PCR検査(鼻腔咽頭拭い液検体)
IgM抗体(静脈採血の血清検体)
の両方が陰性である必要があります。


検査費用は,PCR検査とIgM抗体検査と証明書発行手数料で
¥45,000税込みの予定です。

健康コード申請の期限が登場前日20:00までの便に搭乗予定の方のみご予約となる見込みです。
以下のURLでご確認下さい(2021年3月29日版)
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1844962.htm


(月)午前中に検査→(火)午後に結果判定と健康コード申請→(水)搭乗
もしくは
(水)午前中に検査→(木)午後に結果判定と健康コード申請→(金)搭乗
になります。


搭乗日2日前・・・PCR検査とIgM抗体検査
         検査予約は(月)(水)の午前のみ
         この日がが検査日(検体採取日)となります。
         IgM抗体検査の結果は外注特殊検査のため翌日の17時頃に結果がわかります

搭乗日1日前・・・夕方に結果が届き次第で(17時頃予定)
         大使館・総領事館指定フォーマットのダブル陰性証明(紙媒体)発行
            紙の原本が必ず必要ですので,本人が受け取る必要があります
           
その場で直ちにダブル陰性証明で中国駐日本大使館・総領事館に
          “HS”または“HDC”マークのグリーン健康コードを申請。


搭乗日当日・・・コードの有効期間内に飛行機に搭乗してください。
        
 ※出発便によって健康コード申請期限があります。
 ※検査結果の到着が遅れ,申請期限に間に合わない可能性があることを
  予めご理解とご了承をいただき,当院はその責任を負わないことに
  ご同意いただいた方のみ検査の受け入れが可能です。