お知らせ お知らせ

黒田医院 2020.12.07

海外渡航者向けのPCR検査と証明書発行について

2021.02.23更新しました(ハワイ州公式の指定医療機関の登録されました)

2020年10月10日より
日本渡航医学会の
「ビジネス渡航者向けのPCR検査および証明書発行」協力医療機関リスト
に登録いたしました。

2020年10月14日
経済産業省の
TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)Testing Center for Overseas Travelers
に登録いたしました。

2020年11月18日(水)
アメリカ合衆国ハワイ州公式の指定医療機関
に正式登録されました。
https://www.allhawaii.jp/business/article/media/137/20201118_Pre-travelTestingProgra
ハワイ州は、10月15日(木)から新型コロナウイルス感染症の陰性証明書(ハワイ州指定の専用用紙に記載)を提示することで、ハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する米国国内向けの事前検査プログラムを開始しています。
当院での予約受付は11月20日(金)予約分からの予定です。
※ 2020年11月20日現在、日本入国時には、PCR 検査の実施、14 日間の待機要請、公共交通機関の使用制限が求められます。

予約とお問い合わせは
E-MAIL(seisuukaikurodaclinic@gmail.com)
へお願いいたします。

【ビジネス目的の海外渡航の受付条件】
※ビジネス目的以外の場合は,ハ)~チ)が条件となります。

イ)ビジネス目的の海外渡航であること
ロ)所属会社や団体(人事部,上司)からの依頼・依頼状があること
ハ)有効期間内のパスポートがあること
二)渡航国に応じた記載内容,所定書類有無をあらかじめ外務省,大使館のホームページ等で確認してあること
  (所定書類がある場合は必ず提出すること)
ホ)検査から証明書発行までの時間を承諾していること
  (当院の場合は基本的にPCR検査の翌朝8時以降となります)
ヘ)過去2週間の体調が良好であること
  (体温管理表や移動歴がわかるもの,2週間以内に発熱がないこと)
ト)判定保留のため再検査となり,判定に遅れが出る可能性があることを承諾していること
  (再検査になった場合は翌朝10時前後に結果報告)
チ)検査結果が陽性になった場合,感染者として保健所の指示に従うこと

~お問い合わせ時や予約時の記載内容~
以下の『a.~f.と検査が必要な理由,渡航先』の記載をお願いいたします。
a. お名前(漢字とふりがな)
 外国籍の方は(Surname,Given names,カタカナ読み)
 外国籍の方は国籍(Nationality)
b. 生年月日(Date of Birth)
c. 性別(Gender)
d. 郵便番号と住所(Post number and Address)
e. 連絡先(Phone number and E-Mail)
f. 職業(Occupation)
g.領収書が必要な方は宛名(Receipt Address)
h. 海外渡航時は
 渡航先
 医療機関で記載が必要な書類があれば事前に提出してください
 証明書の国ごとに決まったフォーマットがある場合は必要事項を記載の上でメール添付してください
 渡航予定日
 搭乗予定便と出発時間
 PCR検査希望日
 陰性証明書の受け取りはPCR検査の翌日の朝9時以降の予定となります
 パスポートのコピー
 外国籍の方は在留カードのコピー
 をお願いいたします。

渡航1週間以上前にはご連絡をお願いいたします。
一般診療に支障がでるため,直前にならないようにご協力をお願いいたします。

黒田医院 2020.10.20

新型コロナウイルス検査キットとPCR委託先について

10.20情報更新

抗体検査キットはALFA SCIENTIFIC DESIGNS社 COVID-19 IgG/IgM Antibody Testを使用します。
  血液検査により新型コロナウイルスのIgG抗体とIgM抗体を測定します。
  感染早期に上昇するのがIgM抗体(発症後,約1週間前後)
  その後から上昇するのがIgG抗体
  検査精度は感度97.8%特異度97.4%です。(販売元資料参照)
検査の目的は、現在ではなく「過去の感染」を調べることです。
発熱や倦怠感、呼吸困難感、味覚障害、嗅覚障害など、
現在の新型コロナウイルス感染を疑わせる臨床症状がある方は対象とはなりません。


クイックナビCOVID-19抗原検査キットは検査時間が15分となります。

クイックナビ-COVID19 Ag(デンカ株式会社)」は、鼻咽頭検体を用いた RT-PCR との比較による臨床性能試験の結果、「エスプライン SARS-CoV-2(富 士レビオ株式会社)」と同程度の RT-PCR に対する一致率を示しているとされています。

国内の検査検体を用いた RT- PCR 法との 比較に基づく試験成績(131 検体)は、陰性一致率 96.4%(27/28)陽性一致率 53.4% (55/103)であった。また、発症後 2 日目以降 9 日目以内かつ初回採取された検体につ いての陽性一致率について、RT-PCR 法テスト試料中の換算 RNA コピー数(推定値)に応 じて比較すると、1,600 コピー/テスト以上の検体に対して 96.0%(24/25)、400 コピー /テスト以上の検体に対して 92.3%(24/26)であった。
詳細は製品の添付文書参照。
 

発症2日目から9日目以内の有症状者については,抗原検査キットとPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されました。そのため,6月16日に「SARS-CoV-2抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」の見直しを行い,鼻咽頭拭い液による検査は,発症2日目から9日目までの患者について,検査結果が陰性でも確定診断が行えるようになりました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html
ただし,今のところ,ガイドライン上は無症状者に対する使用や,無症状者のスクリーニング検査目的の使用は,適切な検出性能を発揮できないため,これまで同様に使用を推奨されていないようです。
ガイドラインで無症状者に対する抗原検査が否定されているのではなく,検査により陰性を確認する必要がある場面においてはPCRに代わる簡易迅速検査として実施する意義はあるのではないかと考えます。
例えば,海外にはなりますがアメリカにおいては渡航時に抗原検査陰性の証明があれば,渡航後の2週間の自宅隔離が免除される仕組みもあります。病院においても,簡易抗原検査陰性を提示することで,敷地内立ち入りを許可するような場面もあります。

PCR検査は外部検査センターに委託検査となります。

鼻咽頭拭い液あるいは唾液での検査を実施いたします。
岡山医学検査センター
リアルタイムRT-PCR法
での測定になります。
試薬はロシュ・ダイアグノスティックス社Cobasで測定。
岡山市医師会総合メディカルセンター
リアルタイムRT-PCR法での測定になります。
検査機器はアプライドバイオシステムズ ThermoFisherSCIENTIFIC社。
試薬はnCoV(2019 Novel Coronavirus Detection Kit)SHIMADZUで測定。
検査結果は翌朝8時以降に電話かLINE・E-MAILでのご連絡となります。
 

黒田医院 2020.09.14

病児保育受け入れ時の新型コロナウイルス抗原検査について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新しい抗原検査キットが
利用できるようになりました。

エスプラインSARS-CoV-2抗原検査キットは検査時間が40分でしたが、
クイックナビCOVID-19抗原検査キットは検査時間が15分となります。

クイックナビ-COVID19 Ag(デンカ株式会社)」は、鼻咽頭検体を用いた RT-PCR との比較による臨床性能試験の結果、「エスプライン SARS-CoV-2(富 士レビオ株式会社)」と同程度の RT-PCR に対する一致率を示しているとされています。

国内の検査検体を用いた RT- PCR 法との 比較に基づく試験成績(131 検体)は、陰性一致率 96.4%(27/28)陽性一致率 53.4% (55/103)であった。また、発症後 2 日目以降 9 日目以内かつ初回採取された検体につ いての陽性一致率について、RT-PCR 法テスト試料中の換算 RNA コピー数(推定値)に応 じて比較すると、1,600 コピー/テスト以上の検体に対して 96.0%(24/25)、400 コピー /テスト以上の検体に対して 92.3%(24/26)であった。
詳細は製品の添付文書参照。

9月時点では新規の感染者数も多くないため
病児保育利用時に検査をする必要性は低いですが、
これからインフルエンザやCOVID-19感染者数が増えた場合にも、
病児保育利用前により短時間でCOVID-19の検査が可能となります。

ご家族の体調や園、学校でのインフルエンザなどの感染状況も大事ですので
病児保育利用時には情報提供をお願いいたします。

黒田医院 2020.05.11

予防接種

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行しておりますが、
必要な予防接種はすることが推奨されます。
特に小さなお子様のワクチン接種は忘れずに接種するようにしましょう。

麻疹と風疹はワクチンで予防できる疾患です。
 過去に感染したあるいは50歳以上の方では抗体価が下がっていることがあります。
 抗体価は血液検査で調べることができます。
インフルエンザと肺炎はワクチン接種で重症化を予防する必要のある疾患です。
 体力の弱い幼児や小児、基礎疾患のある高齢者は予防接種をうけることが推奨されています。

麻疹及び風疹(混合)ワクチン 9000円
麻疹(単独)ワクチン 6000円
風疹(単独)ワクチン 6000円
水痘ワクチン 8000円
帯状疱疹(50歳以上)ワクチン 8000円
ムンプス(おたふく)ワクチン 6000円
B型肝炎ワクチン(1回あたり) 7000円 (計3回で21000円)


インフルエンザ(1回あたり) 3000円 (65歳以上は2080円)
 (10月1日より受付を開始予定)
肺炎球菌(ニューモバックス)ワクチン(5年に1回) 8000円 
 (ニューモバックスは対象年齢の方は公費助成があります)
肺炎球菌(プレベナー)ワクチン(生涯1回) 11000円
 (対象年齢前や以前にニューモバックス予防接種はすでにされている方が対象となります)

小児自費分(ロタウイルスワクチン)は
ロタテック    9000円(計3回 27000円)
ロタリックス  14000円(計2回 28000円)

*定期接種化予定あり

(2019年10月1日現在の料金 販売価格によっては費用が今後変更になることがあります。)

黒田医院 2020.03.27

おかやまの病院2020

タウン情報おかやま 
おかやまの病院2020 「かかりつけ医をみつけよう」に黒田医院の紹介記事が載りました。

https://tjokayama.jp/ebook/hospital2020/#target/page_no=17