お知らせ お知らせ

黒田医院 2018.11.13

肺炎予防(肺炎球菌ワクチン予防接種)

インフルエンザの予防接種のシーズンになりました。
特に65歳以上の方で肺炎球菌ワクチン接種を受けられていない方はこの機会に一度ご検討ください。

65歳以上になると免疫力が低下してきますので、肺炎のリスクが高くなります。
特に、呼吸器疾患心臓疾患糖尿病など持病がある方はこの機会にワクチン接種を済ませておきましょう。

一度肺炎に罹患すると、長期間の入院と高い医療費(20万円以上必要になることもあります)に加え、体力低下や認知機能の低下など身体機能の低下が起こります。
インフルエンザ罹患後に肺炎球菌性肺炎を併発するリスクも高いです。

『健康で過ごすことのできる期間を長く伸ばす』ためにも、肺炎球菌ワクチンも65歳以上でまだの方は接種しましょう。
肺炎球菌ワクチンはインフルエンザワクチンと同時に接種可能です。

ワクチン費用(詳細はお尋ねください)
 プレベナー13(一人1回) ¥11,000
 ニューモバックス(5年以上間隔を空けて一人2回) ¥8,000
 *ニューモバックスは定期接種Bに当たる年齢で一人1回接種分の費用補助が受けられます。

黒田医院 2018.09.06

インフルエンザ検査機械(フジフィルム IMMUNO AG1)

今年の9月から新しいインフルエンザ迅速検査の機械を導入しました。

従来の検査方法では発症(発熱)から12時間経過していないと、『明日になったら検査しましょう』でした。
これは12時間経過するとウイルスの数が増えていて検査の感度があがるためです。

今回導入した、フジフィルム IMMUNO AG1は増感剤により検査感度を上げるため、
発症数時間(最短で2-3時間程度)でも検査が可能となります。

すでにインフルエンザ患者が発生しておりますので、ご注意ください。

黒田医院 2018.08.31

病院なび ページ更新

病院なび ページ更新

病院なび https://byoinnavi.jp/okayama の黒田医院紹介ページを更新しました。

ご自分の健康について、こんなお悩みはありませんか?
『心臓の詳しい検査や治療を受けたい』心筋梗塞・不整脈が心配、胸が痛い、ドキドキする、息が苦しくなる、足のみくみがある、みぞおちが痛い、など。循環器内科の心臓専門医の診察が受けられます。
『生活習慣病を治し
たい』血圧・コレステロール・中性脂肪が気になる、糖尿病が心配、血管年齢(動脈硬化)が知りたい。
『風邪を引いたかもしれない』熱がある、鼻水や咳・痰がでる、のどが痛い、肺炎が心配、インフルエンザの検査をすぐに受けたい。
『肩凝りや腰痛、膝の痛みをどうにかしたい』土曜日に整形外科専門医の診察があります、痛みを和らげる注射や温熱療法を行っております。

ご希望で以下のようなものはありませんか?
『こどもが熱を出したので直ぐに診てもらいたい』
『急な病気でこどもを病児保育園に預けたい』前日や当日の予約が可能です。
『病院内で薬を出して欲しい(院内処方がいい)』
『予防接種を受けたい』
『骨粗鬆症の検査や治療を受けたい』
『通所リハビリテーションをしたい』『自分の体にあった、自分のペースで体を動かしたい』
『かかりつけ医や介護の相談をしたい』

当院では患者様やご家族の希望に沿った対応を心がけております。

  • 1