お知らせ お知らせ

お知らせ 2020.08.11

新型コロナウイルス抗原検査の価格変更のお知らせ

8月17日検査分より自由診療の抗原検査の価格を変更いたします。
現行)¥12,000 から 改定後)¥15,000 となります。

検査希望者が多くなっており,感染防護衣やキットの事前確保のため
変更させて頂きました。

黒田医院 2020.08.11

新型コロナウイルス検査について

8.11情報更新(価格改定あり)
黒田医院では自由診療での新型コロナウイルス感染症の抗体・抗原・PCR検査(自費)を実施しております。
※検査キットの供給状況により実施できない場合や検査キットが変わる場合もあります。

お問い合わせ件数が非常に多く,お電話でのお問い合わせには対応しておりません。
E-MAIL(seisuukaikurodaclinic@gmail.com)か
黒田医院の公式LINEからお問い合わせをお願いいたします。
企業単位で複数の場合はE-MAILでお願いいたします。

3営業日以内に返信できるように対応させて頂いております。

当院での検査について
発熱等の症状がない方や感染者との濃厚接触者ではない方で検査を希望される方等を対象とした自由診療(自費)での検査になります。
保健所や他医療機関を受診したが,検査対象にならず,それでも検査を希望されている方も対象としております。
検査は通常外来と別の時間でご案内しています
 
 ※水曜日は基本的に検査は受け付けしておりません。渡航でお急ぎの方のみになります。
 ※検査開始から会計終了まで1時間から2時間程度の時間がかかることもあります。
 ※抗体検査,抗原検査,PCR検査は車内で検査しますので、必ず自家用車で来院して,車内で待機してください。
 ※来院頂いてからは、建物に入らずにLINEか電話で来院された旨をお伝えください。
 ※院内のトイレは使用できませんので、あらかじめトイレは済ませてきてください。

 
抗体検査キットはALFA SCIENTIFIC DESIGNS社 COVID-19 IgG/IgM Antibody Testを使用しています。
  血液検査により新型コロナウイルスのIgG抗体とIgM抗体を測定するものです。
  感染早期に上昇するのがIgM抗体(発症後,約1週間前後とされています)
  その後から上昇するのがIgG抗体
  検査精度は感度97.8%特異度97.4%です。(販売元資料参照)
検査の目的は、現在ではなく「過去の感染」を調べることです。
発熱や倦怠感、呼吸困難感、味覚障害、嗅覚障害など、現在の新型コロナウイルス感染を疑わせる臨床症状がある方は対象とはなりません。
(医療保険による抗原検査かPCR検査の対象です。まずは保健所か行政の相談窓口にご連絡して下さい)


抗原検査キットは富士レビオ㈱ エスプライン SARS-CoV-2を使用しています。
  鼻咽頭ぬぐい液中のSARS-CoV-2抗原を検出する検査です。
  「現在の感染」の有無を確認する検査です。
  行政検査検体を用いたRT-PCR法との試験成績(n=124)は,
  陽性一致率66.7%(16/24例),陰性一致率100%(100/100例),
  全体一致率94%(116/124例)でした。(販売元資料参照)
 

発症2日目から9日以内の有症状者については、抗原検査キットとPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されました。そのため、6月16日に「 SARS-CoV-2 抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」の見直しを行い、鼻咽頭拭い液による検査は、発症2日目から9日目までの患者について、検査結果が陰性でも確定診断が行えるようになりました。(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html  
 
当院での自由診療(自費)の抗体・抗原・PCR検査の対象となる方は、
無症状の方や感染者との濃厚接触者ではない方で、以下に当てはまる方です。
 2〜3週間以内に風邪症状があり、新型コロナウイルス感染が心配な方。
 もしかしたら新型コロナウイルスに感染したかもしれないと心配な方
 仕事などで関東圏や関西圏などの他の都道府県の移動があり、感染リスクがある(あった)方
 避けられない事情により岡山県外への移動がある(あった)方
 出勤や登園・登校前に必要と考えられる方
 会社での集団感染を未然に防ぎたいと考えられている方
 プライベートや仕事で感染の陰性証明が必要な方
 海外渡航で陰性証明が必要な方
 ※留学予定者の抗原検査やPCR検査も受け付けております。
  出国何時間前までの検査が必要かをご確認の上ご連絡ください。
 ※渡航者外来(多くはビジネス目的)を開設されている病院がありますので,先ずはそちらへお問い合わせ下さい。
 ※当院発行の検査陰性の診断書で必ず渡航可能であるかどうかは保証致しかねます。
  あらかじめご了承下さい。
  また,決まった書式がある場合は事前に提出をお願いいたします。
  その他渡航に必要な書類はご自身で揃えて下さい。
などです。


抗体検査・抗原・PCR検査をご希望の方は
 ①事前に連絡(E-MAILかLINE)(電話対応はしておりません)
 ②検査目的の確認
 ③来院予定日と時間を確認
  指定時間に必ず自家用車で来院ください。感染拡大予防のためです。
  徒歩や自転車で来院の場合は検査をお断りすることがあります

 ④来院後に検査同意書と問診票の記載内容の確認の後に検査をします
 ⑤抗体検査・抗原検査の結果確認には60分から120分程度かかります
  PCR検査は検体採取のみです。検体は当院が契約している検査センターでの検査です。
  PCR委託を県内検査センターに依頼するため最短で翌日朝には結果が判明します。
  PCR結果はE-MAILかLINEでお伝えします。
  診断書が必要な方は受付窓口で直接受け取りをお願いします。
 ⑥検査費用は
  抗体検査は12,000円(税込み)
  抗原検査は15,000円(税込み) ※8/17検査分より改訂となります。
  
PCR検査は35,000円(税込み)です。
  ※検査キット価格や物品準備等の諸事情により検査費用が変更されることがあります。
   あらかじめご了承下さい。予約時に確認下さい。
 ⑦通常診療が優先されますので,検査から会計まで1時間から2時間程度かかります
  検査開始時間が予定より遅れる場合もありますので,あらかじめご了承下さい。

結果によっては、診察が必要となる可能性もありますので必ず保険証も持参して下さい。

抗体検査でIgMのみ陽性あるはIgMとIgGともに陽性となった場合は、
感染早期の可能性がありその場で追加の抗原検査
あるいはPCR検査を受けることを推奨しています。
(この場合も自由診療になります)(混合診療に該当するため)

偽陽性の可能性があり別の抗体検査でも確認する場合は、
外注血液検査(10,000円)(税込み)(自由診療)(自費)を受けて頂き4、5日で結果がでます。

PCR検査を受けた場合は,無症状の場合でもPCR結果が出るまでは自宅待機をお願いしております。

※感染予防のため、院内のトイレは使用できないことになっております。

検査を受けられる方は,内容が医療情勢により変化しますので,最新の情報をご確認下さい。

黒田医院 2020.07.27

8月の休診日のご案内

8月の休診日の連絡です。
 8月10日(月)祝日
 8月13日(木)お盆休み
 8月14日(金)お盆休み
 8月15日(土)お盆休み

となります。
新型コロナウイルス抗体・抗原・PCR検査も休診日は受けられません。
緊急の方は別途LINEかE-MAILでご連絡下さい。


 8月29日(土)の整形外科外来は休診です。

うらら病児保育園 2020.06.19

うらら病児保育園ネット予約

うらら病児保育園ネット予約

うらら病児保育園ネット予約

うらら病児保育園のネット予約システム「あずかるこちゃん」
本日より稼働いたします。
うらら病児保育園のご利用希望の方は下記のURLからネット予約をお願いいたします。

https://azkl.jp/facilities/10

黒田医院受付: 0862333531

うらら病児保育室: 0862231455 (月火木金 12:00-14:30)(水1 2:00-17:30)

うらら病児保育園 2020.06.19

緊急事態宣言解除後の病児保育受け入れ

うらら病児保育園を休止にすることがないような方法で継続するために,
病児保育園の病児受け入れについて一時的に変更しております。

ひとりひとりの受け入れにこれまでよりも時間が掛かりますがご協力をお願いいたします。

【受け入れ不可】
14日以内に岡山県外や渡航歴が家族内にある患児
その他、受け入れが不適切と判断される疾患の病児


【診察後に受け入れ】
黒田医院かかりつけ:まずは電話対応で状態を確認して受け入れを検討。
          可能であれば前日の電話対応で決定する。
          診察・検査の後に受け入れを決定。
他院かかりつけ:まずはかかりつけ医を受診。受診後に来院いただく。
        かかりつけ小児科医の判断にゆだねますが,
        インフルエンザ,アデノウイルス,溶連菌,
        マイコプラズマ,ヒトメタニューモウイルスなど
        迅速検査により可能な限り診断してもらってください

【受け入れ可】
診察により新型コロナウイルス感染症の可能性が低いと判断される患児。
迅速検査等でアデノウイルス感染症や溶連菌感染症などの診断のついている患児。
検査は受けていないが,家族内で同じ症状,疾患(アデノウイルス感染症や溶連菌感染症など)の診断がついている患児。
発熱等の症状が軽快または治癒証明がでている患児(病後児)。
病児や病後児で解熱(37.5℃未満)が得られている患児。