新型コロナウイルス検査
について

新型コロナウイルス検査について

電話でのお問い合わせ・予約・質問は受け付けておりません

電話でのお問い合わせや検査予約は受付しておりません。
一般診療や窓口対応に支障がでますので、電話でのご質問も受け付けておりません。
予約状況のお問い合わせや予約希望など、電話でのご質問はお控えください。

事前予約が必要です

当日に予約なしで直接ご来院での自費検査はお断りしております。
必ずLINEかE-MAILのどちらかでご連絡ください。

※LINEで予約される場合は、事前に「医療法人正崇会 黒田医院」を友だち追加してください。
友だち追加

検査の流れ

検査を予約する

事前予約が必要です

当日に予約なしで直接ご来院での自費検査はお断りしております。
必ずLINEかE-MAILのどちらかでご連絡ください。

検査日程概要

月・火・木・土の午前: 11:00、12:15 のいずれか
水の午前: 9:00、10:00 のいずれか
月・火・木・金の午後: 14:00、16:00 のいずれか

休診日と水曜日の午後、土曜日の午後は基本的に検査をしておりません。
緊急の場合(親族が危篤、感染者が出たなど)はLINEかE-MAILでご連絡ください。
ご対応させていただくことができる場合もあります。

電話でのお問い合わせ・予約・質問は受け付けておりません

電話でのお問い合わせや検査予約は受付しておりません。
一般診療や窓口対応に支障がでますので、電話でのご質問も受け付けておりません。
予約状況のお問い合わせや予約希望など、電話でのご質問はお控えください。

来院

感染対策のため、黒田医院建物内に入ることはできません。

自家用車でご来院ください。
すべての検査は基本的に車内での実施となります。
自家用車が無い場合の徒歩や自転車でご来院の方は、建物裏での検査となります。

案内があるまで、建物内に入らないようにお願いします。
感染対策のため建物内のトイレも使用はできません。
あらかじめトイレは済ませておいてください。

自費診療の時間予約は取りますが、通常の外来診療が優先となります。
保険診療となる場合もございますので、健康保険証も必ずご持参ください。

検査

検査方法

PCR検査は、鼻咽頭拭い液検体か唾液検体での検査になります。
海外渡航者は基本的に鼻咽頭拭い液検体での検査になります。
抗原検査は、鼻咽頭拭い液検体検査になります。
抗体検査は、指先から少量の血液を採取する検査になります。
抗体検査(外部委託分)は、肘静脈からの血液検査になります。

分析方法

PCR検査は外部検査センターに委託となります。
PCR検体は、鼻咽頭拭い液検体か唾液検体での検査となります。
・岡山医学検査センター(衛生検査場)
 リアルタイムRT-PCR法で測定
 試薬はロシュ・ダイアグノスティックス社Cobasで測定
・岡山市医師会総合メディカルセンター(衛生検査場)
 リアルタイムRT-PCR法で測定
 検査機器はアプライドバイオシステムズThermoFisherSCIENTIFIC社
 試薬はnCoV(2019 Novel Coronavirus Detection Kit) SHIMADZUで測定
抗原検査は、クイックナビCOVID-19 Agを使用します。
結果判定は15分の迅速検査キットです。
抗体検査は、ALFA SCIENTIFIC DESIGNS社 COVID-19 IgG / IgM Antibody testを使用します。
結果判定は、7分の迅速検査キットです。

結果

PCR検査の結果連絡は、  11:00、予約の場合は当日の16:00以降に連絡の予定。
 それ以外の時間での予約の場合は翌日の午前中に連絡の予定。
抗原検査は、結果判定が15分。
抗体検査は、結果判定が7分。
抗体検査(外部委託分)は、翌日以降。
抗原検査と抗体検査は診断書作成時間等含めて検査所要時間は30分程度の見込み。

新型コロナウイルスに関するお知らせ

黒田医院 2021.04.09

駐日大使館・総領事館指定検査機関リストに掲載(2021/3/29-)

2021年3月29日付で中国渡航の際の駐日大使館・総領事館指定検査機関リストに掲載されました
(駐大阪総領事府管轄地域ダブル検査機関)

現在,当院での検査についてはスケジュールの調整中です。
受け入れが可能になるまで,しばらくお待ちください。


中国渡航時はPCR検査とIgM抗体検査の両方が必要です(ダブル検査)。
PCR検査(鼻腔咽頭拭い液検体)
IgM抗体(静脈採血の血清検体)
の両方が陰性である必要があります。


検査費用は,PCR検査とIgM抗体検査と証明書発行手数料で
¥45,000税込みの予定です。

健康コード申請の期限が登場前日20:00までの便に搭乗予定の方のみご予約となる見込みです。
以下のURLでご確認下さい(2021年3月29日版)
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1844962.htm


(月)午前中に検査→(火)午後に結果判定と健康コード申請→(水)搭乗
もしくは
(水)午前中に検査→(木)午後に結果判定と健康コード申請→(金)搭乗
になります。


搭乗日2日前・・・PCR検査とIgM抗体検査
         検査予約は(月)(水)の午前のみ
         この日がが検査日(検体採取日)となります。

搭乗日1日前・・・夕方に結果が届き次第で(16時~17時予定)
         大使館・総領事館指定フォーマットのダブル陰性証明(紙媒体)発行
            紙の原本が必ず必要ですので,本人が受け取る必要があります
           
その場で直ちにダブル陰性証明で中国駐日本大使館・総領事館に
          “HS”または“HDC”マークのグリーン健康コードを申請。


搭乗日当日・・・コードの有効期間内に飛行機に搭乗してください。
        
 ※出発便によって健康コード申請期限があります。
 ※検査結果の到着が遅れ,申請期限に間に合わない可能性があることを
  予めご理解とご了承をいただき,当院はその責任を負わないことに
  ご同意いただいた方のみ検査の受け入れが可能です。

黒田医院 2020.12.11

新型コロナウイルス感染症の退院後に実施する抗体検査について

新型コロナウイルス感染症の診断方法は、RT-PCR検査と抗原検査があります。
PCR検査を受けて、陽性反応が出た場合に新型コロナウイルス感染症の診断となります。
 
RT-PCR検査陽性者は原則、病院か療養施設に入院あるいは自宅療養となります。
 
周囲への感染性は、症状が出る2日前(無症状のうちにウイルスを拡散)から症状が出てから、5日~10日間とされています。
有症状の場合は発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間した場合に退院。無症状の場合は検体採取日から10日間経過した場合に退院。
その後、社会復帰となります。
 
退院された後に治癒したかどうかを再度RT-PCR検査で確認を希望される方がおられますが、下記の理由により実施しておりません。
一度新型コロナウイルスに感染すると、死滅したウイルス断片が鼻腔や咽頭に残存することが言われており、再度RT-PCR検査をうけた場合に、死滅したウイルス断片を検出して、RT-PCR検査陽性が続くことになります。無症状であれば、活動性のある状態かどうかも判定はできません。
早期に陰性となる場合や2か月以上陽性が続く場合もあります。
入院中や退院後に再度RT-PCR検査を実施することは検査を受ける意味がないため実施はしておりません。
 
他の検査方法としては、まだエビデンスの確立はありませんが、抗体検査があります。一般的にウイルス感染すると、感染早期にIgM抗体が産生され、その後にIgG抗体が産生されます。検査キットや血液検査を実施して、新型コロナウイルスのIgM抗体やIgG抗体が検出されていれば、治癒したことの一応の目安にはなります。

最初に症状がでた日あるいはPCR検査で陽性になった日から2週間から3週間後を目安に抗体検査を実施となります。

検査をご希望の方はLINEかE-MAILでご連絡ください。
LINE  : @276ysvcp (黒田医院HPのQRコードからの登録可能)
E-MAIL: seisuukaikurodaclinic@gmail.com
※2日以内に返信が無い場合は再度ご連絡下さい。

黒田医院 2020.10.20

新型コロナウイルス検査キットとPCR委託先について

10.20情報更新

抗体検査キットはALFA SCIENTIFIC DESIGNS社 COVID-19 IgG/IgM Antibody Testを使用します。
  血液検査により新型コロナウイルスのIgG抗体とIgM抗体を測定します。
  感染早期に上昇するのがIgM抗体(発症後,約1週間前後)
  その後から上昇するのがIgG抗体
  検査精度は感度97.8%特異度97.4%です。(販売元資料参照)
検査の目的は、現在ではなく「過去の感染」を調べることです。
発熱や倦怠感、呼吸困難感、味覚障害、嗅覚障害など、
現在の新型コロナウイルス感染を疑わせる臨床症状がある方は対象とはなりません。


クイックナビCOVID-19抗原検査キットは検査時間が15分となります。

クイックナビ-COVID19 Ag(デンカ株式会社)」は、鼻咽頭検体を用いた RT-PCR との比較による臨床性能試験の結果、「エスプライン SARS-CoV-2(富 士レビオ株式会社)」と同程度の RT-PCR に対する一致率を示しているとされています。

国内の検査検体を用いた RT- PCR 法との 比較に基づく試験成績(131 検体)は、陰性一致率 96.4%(27/28)陽性一致率 53.4% (55/103)であった。また、発症後 2 日目以降 9 日目以内かつ初回採取された検体につ いての陽性一致率について、RT-PCR 法テスト試料中の換算 RNA コピー数(推定値)に応 じて比較すると、1,600 コピー/テスト以上の検体に対して 96.0%(24/25)、400 コピー /テスト以上の検体に対して 92.3%(24/26)であった。
詳細は製品の添付文書参照。
 

発症2日目から9日目以内の有症状者については,抗原検査キットとPCR検査の結果の一致率が高いことが確認されました。そのため,6月16日に「SARS-CoV-2抗原検出用キットの活用に関するガイドライン」の見直しを行い,鼻咽頭拭い液による検査は,発症2日目から9日目までの患者について,検査結果が陰性でも確定診断が行えるようになりました。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html
ただし,今のところ,ガイドライン上は無症状者に対する使用や,無症状者のスクリーニング検査目的の使用は,適切な検出性能を発揮できないため,これまで同様に使用を推奨されていないようです。
ガイドラインで無症状者に対する抗原検査が否定されているのではなく,検査により陰性を確認する必要がある場面においてはPCRに代わる簡易迅速検査として実施する意義はあるのではないかと考えます。
例えば,海外にはなりますがアメリカにおいては渡航時に抗原検査陰性の証明があれば,渡航後の2週間の自宅隔離が免除される仕組みもあります。病院においても,簡易抗原検査陰性を提示することで,敷地内立ち入りを許可するような場面もあります。

PCR検査は外部検査センターに委託検査となります。

鼻咽頭拭い液あるいは唾液での検査を実施いたします。
岡山医学検査センター
リアルタイムRT-PCR法
での測定になります。
試薬はロシュ・ダイアグノスティックス社Cobasで測定。
岡山市医師会総合メディカルセンター
リアルタイムRT-PCR法での測定になります。
検査機器はアプライドバイオシステムズ ThermoFisherSCIENTIFIC社。
試薬はnCoV(2019 Novel Coronavirus Detection Kit)SHIMADZUで測定。
検査結果は翌朝8時以降に電話かLINE・E-MAILでのご連絡となります。